Tuba

【2021年大注目】マイネルウェストン社F管チューバ 4260/4250 Tradition トラディション

投稿日:14/02/2020 更新日:


みなさん、こんばんは!

今日は2月14日ヴァレンタインデイの日でしたね、日本ではとあるチョコレート会社が始めた戦略(笑)により、チョコレートをあげる文化が根付いてますが、ヨーロッパでは男性が女性に花をプレゼントする日であります。

チューバ演奏してる人なら、プレゼントにチューバだったら…なんて冗談でも思ったことありませんか?(笑)


今回は先日マイネルウェストン社のB 管チューバについて書きましたが、F管で最近ヨーロッパを中心に人気が出つつある4260(4250) Traditionについて書きたいと思います!


ヒルガースモデルの記事をまだ見てない方はぜひご覧ください。

 



マイネルウェストンF管4260(4250)トラディションモデル



2019年バイエルン放送交響楽団チューバ奏者シュテファン・ティシュラー氏が監修したマイネルウェストンFチューバ4260(4250)トラディションが発売となりました。


前から気になっていたこのモデル、昨年ベルリンで開催されたブッフェクランポン社主催のチューバ展覧会で展示されていて吹かせてもらうことが出来ましたのでその時の画像などを掲載します。

 

Justmusicで行われた展覧会、B&S・Meinl Weston・Besson社のモデル全て勢揃い




ベルリンの音大学生や私の師匠達やベルリンのオーケストラ奏者が勢揃いしていました!笑

左が4260 Traditionモデル(5ロータリー)、右が4460Heimannモデル(6ロータリー)
見ただけではほぼ違いは分かりませんね…笑



スペックについて

Meinl Weston 4260 Tradition



新しく開発された4260トラディションモデル(4250が5ロータリー、4260が6ロータリーモデル)は、エレガントなオーケストラ楽器です。
とても軽量で板金からハンドメイドで作られた精巧な管体は、非常に響きの良い低音域ととても輝かしい高音域、非常に軽やかな反応な中高音域を鳴らせることができ、また今までのモデルと大きな違いは、演奏者が速くて難しいパッセージを明瞭な明確な音で表現することが可能にしたことにあります。

マイネルウェストンホームページより…

・調性:F

・ボアサイズ:19,5mmから21,5mm(4〜6ヴァルブ)

・ベル:真鍮製38cm

・ロータリー:5もしくは6ロータリー

・サイズ:6/4 

・高さ:912cm

・重さ:7,88kg

・4260-1:ラッカー仕上げ
・4260-2:シルバー仕上げ

4460シュテファンハイマンモデルで大成功をおさめた管の作りを受け継いでおり、そのモデルをさらに進化させたモデルで、監修はバイエルン放送響のStefan Tischlerさん。

写真で5番管に見えるのは1番管で、123456というヴァルブの順番になっています。

なので先ほど掲載した写真のように見た目ではほとんど見分けがつきません…ベルサイズや微妙に管体の作り方も違うのでよーく観察することが大切かもしれません。

展覧会にて撮影した4260



ホームページにも書かれていたようにまず吹き心地の軽さに驚きました。

思ったようになってくれる、奏者の思い描いた音が出せる、まさしく歌うように吹けるモデルです。

ベルサイズが38cmと現代のF管では小さい作りになっており、その分音がタイトになるのかなと思いましたが、全くそんなことはなく、B管など大きい楽器のような深く柔らかい音で軽やかに全音域が吹くことが出来ました。


低音域もスムーズにはっきり鳴らすことが出来るのでオーケストラのみならず、ソロでも大活躍しそうな楽器です。

 

残念ながら、日本版のマイネルウェストンのホームページにはまだ掲載されていなく、ヨーロッパ限定となっています。なので日本に代理店がないので購入することは今はまだ不可能かもしれません。(ドイツやヨーロッパの楽器を扱っている代理店を通して個人で買うことは可能です。)

2021年4月日本でも正式発売が発表されました!

【新製品のお知らせ】FチューバMW4250/4260 トラディション

 

このモデルを愛用している奏者



このモデルを監修したStefan Tischlerさんはもちろん、最近ではウィーンフィルのチューバ奏者お二人(Paul HalwaxさんとChristoph Giglerさん)もこのモデルに替えました。

ウィーンフィルは昨年日本ツアーを行い、このお二人が4260を持ってきていたので生で聴いた方もおられるのではないでしょうか!

他にはチューリッヒ歌劇場でチューバ奏者を務めるFlorian HatzelmannさんもTraditionモデルを愛用しています。

ウィーンフィル演奏会聴くことが出来なかった方々、この動画で音を聴くことが出来ます!

バイエルン放送響のTischlerさんインタビューで、ドイツ語ですがこの楽器について語っています。

 

バイエルン放送響インタビュー Tischler Tuba YouTubeより

 

どんな音か生で聴いてみたい???!!!

2021年4月日本で正式発売なのでまだ本数は入ってこないと思いますが、金属シートから作るハンドメイドチューバ、日本に入ってきましたらぜひ試奏してみてください。

それでは、Tschüß!!

-Tuba
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ドイツで生まれた新たな金管マウスピース練習器具バズ・アール【Buzz-R by Markus Arnold】

みなさん、こんにちは!普段の練習はどんなことをしていますか?ブレストレーニングをしたり、マウスピース練習をしたり、いきなり楽器から練習するよ、など人それぞれ考えが違うと思います。特にマウスピース練習は …

no image

給料泥棒?!たったの14音の交響曲…

みなさん、こんばんは! 先日ツイートしたつぶやきがいいねをたくさんもらえました!(いいねもらえると岸本は喜びます..笑) 個人的意見。ドヴォルザーク9番新世界をリハーサルで2楽章から始めてくれる指揮者 …

[チューバ]チューバにはどんなメーカーがあるの?番外編パート3

みなさん、こんばんは!2020年も早くも6分の1が終わり、3月に入りました。今日から全国的に公立小中高校が休校になりますね、休みだからと言って浮かれず、家で待機し、手洗いうがいもしっかりとし、このブロ …

見た目はヒルガースモデルにそっくり!マイネルウェストン社F管チューバ45 セニ

みなさん、おはようございます!日曜日ベルリンはあいにくの雨模様です…さてさて今回は、マイネルウェストン社製F管チューバ45Seniについてきて行きたいと思います。こちらも昨年発表された新製 …

[チューバ]チューバにはどんなメーカーがあるの?番外編パート2

みなさん、こんばんは!今日は4年に一度訪れる閏年で、2月は28日までしか本当なら無いのですが今年は29日までありました。次に2月29日が訪れるのはさらに4年後の2024年。さてさて今回も引き続きチュー …

チューバ奏者 岸本拓也


          岸本拓也 / Takuya Kishimoto

ベルリン在住
日本の音大卒業後→ドイツ留学・ベルリン国立ハンスアイスラー音大大学院卒。

アーカイブ