プロフィール



岸本拓也 / Takuya Kishimoto (テューバ奏者)


兵庫県神戸市出身。

大阪音楽大学音楽学部にてチューバを潮見裕章氏(大阪交響楽団チューバ奏者、大阪音大・大阪芸大講師)のもと学び、在学中大津ユースオーケストラ(2009年)、関西音楽大学協会主催「アンサンブルの夕べ」(2010年)、アジアユースオーケストラ(2010、奨学生)に参加。

2012年大阪音大卒業後、音楽留学のためドイツへ留学、同年オーストリア・リンツで開催されたITECに参加。


ベルリンでの学生生活までの1年間元ウィーンフィル・ジャーマンブラスでワイマール・フランツ・リスト音楽大学教授ヴァルター・ヒルガースのもと勉強する。


2013年4月ベルリン・ハンスアイスラー音楽大学修士課程に進み、トーマスケラー(ベルリン国立歌劇場、ルツェルン祝祭管弦楽団)とセバスティアン・ヴァーゲマン(ベルリン・コーミッシェ歌劇場、バイロイト祝祭管弦楽団)の両氏のもと学ぶ。修士課程中、E.クレスポアカデミー(2013)、モーリツブルグ音楽祭(2013、奨学生)、ドイツ・スカンディナビアユースオーケストラ(2014)に参加。在学中よりエキストラ奏者として様々なプロオーケストラで演奏。

2016年9月ハンスアイスラー音楽大学オーケストラ科修士課程修了試験ににて最高得点で修了。


2017年4月には、Zentralkapelle BerlinとP. Sparke作曲のチューバ協奏曲をベルリンフィルハーモニー・室内楽ホールにて共演する。

2020年11月ドイツ・ベルリン州芸術・ヨーロッパ局の特別奨学金奨学生に選ばれる。


2016年9月よりドイツ・フィルムオーケストラ・バーベルスベルク首席客演奏者として数々の映画音楽演奏や映画音楽録音に参加している。

これまでにベルリン国立歌劇場、ベルリン・コーミッシェ歌劇場、ドイツ・ベルリン歌劇場、ドイチェス・フィルムオーケストラ・バーベルスベルク、ドイツ国立コットブス歌劇場、ブランデンブルク州立管弦楽団フランクフルト、ブランデンブルク交響楽団、ドイツ連邦警察音楽隊、ベルリン交響楽団、京都フィルハーモニー室内合奏団などに客演。

チューバを濱地 洋伸、潮見 裕章 、ヴァルター・ヒルガース、トーマス・ケラー、セバスティアン・ヴァーゲマン、アレッサンドロ・フォッシの各氏、室内楽を森下 治朗、マーティン・ヴァーゲマン、フェリックス・ヴィルデ、ウィリアム・フォアマンの各氏に師事。

投稿日:10/02/2020 更新日:

執筆者:

チューバ奏者 岸本拓也


          岸本拓也 / Takuya Kishimoto

日本の音大卒業後→ドイツ留学・ベルリン国立ハンスアイスラー音大大学院卒→フリーランス。ドイツビール大好き。

アーカイブ