Tuba

バイロイト祝祭管弦楽団メンバー!チューバ奏者セバスティアン・ヴァーゲマン

投稿日:


みなさん、こんにちは!

いきなり質問ですが、みなさんは何人くらいチューバ奏者をご存知でしょうか?


日本のプロオーケストラ奏者だけでもかなりの数がいますが、世界で見ると山のようにいて素晴らしい奏者がたくさんいますね。


特に各都市・街に一つはあるといってもいいほどオーケストラがあるドイツ。


日本ツアーを行ったりしているオーケストラならまだしも、そういうのを行っていないオーケストラもたくさんあり、まだまだ日本では知られていない奏者がたくさんいます。


今回は、私の音大時代の師匠であり、仕事仲間であるベルリン・コーミッシェ歌劇場ソロチューバ奏者、2012年よりワーグナー音楽の総本山 バイロイト祝祭管弦楽団でも演奏しているセバスティアン・ヴァーゲマンについて書いていきたいと思います。



Sebastian Wagemann セバスティアン・ヴァーゲマン



Sebastian Wagemann 彼の愛機であるマイネルウェストンB管197ヒルガースモデル



セバスティアン・ヴァーゲマン



ベルリン・コーミッシェ歌劇場ソロチューバ奏者、バイロイト祝祭管弦楽団メンバー


1980年生まれ。
ベルトホールト・ハース(WDRチューバ奏者)のもとチューバを学び、1999年からハンス・ゲルハー教授の元、ケルン音楽大学で勉強を始めた。

ケルン音大在学中には、副科専攻としてオルガンを学び、ブンデスユーゲントオーケストラ、ユンゲドイチェフィルハーモニーならびユンゲドイチェ・ブレヒブレーザーゾリステンのメンバーとしても活躍し、ズートヴェストファーレン・フィルハーモニー・ジーゲンのチューバ奏者となる。

その後2004年からフランツ・リスト・ワイマール音楽大学にて元ウィーンフィルハーモニー管弦楽団チューバ奏者であるヴァルター・ヒルガース教授の元、勉強を新たに始め、2008年に卒業試験で最高得点を獲得し卒業。在学中カールスルーエ国立歌劇場に合格。

これまでにウィーン国立歌劇場・ベルリンフィルハーモニー管弦楽団・バイエルン放送響管弦楽団・ハンブルグエルプフィルハーモニー放送交響楽団などさまざまな有名オーケストラに客演。


2009年よりベルリン・コーミッシェ歌劇場のソロチューバ奏者として現在に至る。


先生としてもベルリンにある2つの音楽大学「ベルリン・ハンスアイスラー音楽大学」と「ベルリン芸術大学」で教えている。




バイロイト音楽祭2016、ジークフリート。
1:21から有名な2楽章のチューバソロ、セバスティアンが演奏しています。



彼の出身地であるWipperfürth生まれのメンバーでの金管5重奏



トランペット奏者マティアス・へフスのCD Kind Of Goldでアンサンブルメンバーとしても演奏しています。



ベルリン・ハンスアイスラー音大時代の筆者の師匠

世界的有名チューバ奏者ミヒャエル・リント氏のマスタークラスにて。ハンスアイスラー音大・ベルリン芸術大学チューバクラス



私は2014年4月から修士課程を修了する2016年9月まで彼の元で勉強しました。

とても教えることに熱心な先生でチューバを演奏するにあたっての基礎・技術のみならず、オーケストラでの演奏の仕方、どういうサウンド感を持って演奏すべきなのか、オーケストラの中でのチューバという楽器の意義などとても実践的な教えでした。


技術面のみならず、音楽家としてどのように音楽を作るかも彼からみっちり教えてもらいました。


バイロイト音楽祭のメンバーでもあるセバスティアンは、毎年生徒をバイロイト音楽祭のGPに招待してくれて私も2016年バイロイトまで行き、あのワーグナー演奏の聖地である場所でジークフリートを聴くことができたのもとても素晴らしい記憶のひとつです。


2楽章の頭のチューバソロは、オーケストラのオーディション課題になるので普段のレッスンでもみっちり教えてもらいましたが、実際先生が演奏しているのを聴くとさらに勉強になりました。



彼のF管はB&S3099をもとにマイスターワルターニルシュルで改造されたもので、
マイネルウェストンF管45QHのようにクイントバルブがついている。
6ロータリーですが、小さいレバーたちはトランペットのようなオクターブキーみたいにとある音で使用したりするための機構。



彼のボーラントウントフックス4/4



残念ながら日本ではまだ有名ではありませんが、とても素晴らしいチューバ奏者なのでこのブログをご覧になってる方にはぜひ知っておいてもらいたいです。


いつか日本で彼のマスタークラスなどを開催できたらなと個人的な夢として思っています(笑)


それでは、Tschüß!

-Tuba
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

B管チューバの最高峰!マイネルウェストン社B管チューバ197 ヒルガースモデル【徹底解説】

みなさん、こんばんは! このブログをご覧になられている方はチューバが大好きな方達や将来好きになるであろうサラブレッドな人たちだと思います。チューバの歴史はまだまだ他の楽器に比べると浅く、楽器自体まだ発 …

[チューバ]チューバにはどんなメーカーがあるの?番外編パート4

みなさん、こんばんは!私の出身地である兵庫県神戸市にも新型コロナウイルスの感染者が出たみたいで、今住んでいるベルリンには一昨日感染者が出ているので両方の故郷でコロナの影響がさらに出そうです。昨日は、仕 …

【パート3】チューバにはどんなメーカーがあるの?

みなさん、こんばんは! 日曜日どのように過ごされたでしょうか? 新型肺炎の影響で催し物や演奏会など多くのイベントが中止または延期になっているので、急遽休みな日曜日になった方もおられるのではないでしょう …

ヨーロッパで大人気「フランツ・ヴィントハーガー社」【マウスピース沼】

 みなさん、こんにちは!楽器をやっていると「沼」に陥ることが多々ありますよね、楽器以外でもレンズ沼とか各ジャンルさまざまな沼があります…笑そんな中でも金管奏者がよくハマるのがマウ …

見た目はヒルガースモデルにそっくり!マイネルウェストン社F管チューバ45 セニ

みなさん、おはようございます!日曜日ベルリンはあいにくの雨模様です…さてさて今回は、マイネルウェストン社製F管チューバ45Seniについてきて行きたいと思います。こちらも昨年発表された新製 …

チューバ奏者 岸本拓也


          岸本拓也 / Takuya Kishimoto

日本の音大卒業後→ドイツ留学・ベルリン国立ハンスアイスラー音大大学院卒→フリーランス→オケマン。ドイツビール大好き。

アーカイブ