music

今日の聴いてみよう・毎日投稿282日目【O.レスピーギ:バレエ・シバの女王ベルキス】

投稿日:


みなさん、おはようございます!

昨日からブログで引き継いだ今日の聴いてみよう・毎日投稿。


ツイッターでは文字数制限などがあるので作曲家についてやなぜこの曲を選んだのかなど詳しいことが書けなかったのでこちらでは簡単に選曲理由も書いていこうと思います!


ツイッターの時見ていただいた方は、作曲家・曲について調べたらこんな関係があるんだと気づいた方もおられるかもしれません。気分によっていきなり全く違うタイプの曲を選んだり、私が実際聴きに行った演奏会の影響を受けていたり、友人に教えてもらったりした場合は例外ですが(笑)


通勤時間・通学時間、毎日周りは何をしているのだろうと思って見てしまうSNSなど意外と空いている時間はあります。

ゲームをしたり、貴重な睡眠時間だったりする方もおられると思いますが、ぜひ少しの時間を使って新しいことに挑戦してみましょう!



282日目 O.レスピーギ バレエ「シバの女王ベルキス」


282日目は、オットリーノ・レスピーギが1930〜1931年にかけて作曲したバレエ「シバの女王ベルキス」を紹介します。


CDはこちらのリンクから→https://amzn.to/3ST300s


オーケストラ:ミネソタ管弦楽団
指揮者:大植英治


イタリア出身のレスピーギは、ローマ3部作「ローマの噴水」「ローマの松」「ローマの祭り」で特に有名で吹奏楽でもよくコンクールなどでも取り上げられているので知っている方も多いかと思います。

前回紹介したゴルトマルクが名前の似た「サバの女王」というオペラ作品を書いており、今回この曲を選んだのは名前が似ていて思いついたからです(たまにこんなインスピレーション的な選曲方法も)

それでは、Tschüß!!!

-music
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

今日の聴いてみよう・毎日投稿284日目【チャールズ・スタンフォード:交響曲第七番】

みなさん、こんにちは!今日の聴いてみよう・毎日投稿シリーズ284日目の今日は、アイルランド・ダブリン出身の作曲家サー・チャールズ・ヴィリアーズ・スタンフォードが書いた交響曲第七番を紹介します。 サー・ …

アジアの優秀な若手音楽家が6週間合宿と演奏ツアーを行うアジアユースオーケストラ

みなさん、こんにちは!この世界には数えきれないほどのオーケストラがあり、プロからユースオーケストラ、アマチュアオーケストラまで様々です。オーケストラ奏者を目指している学生や音楽家にとってプロオーケスト …

no image

給料泥棒?!第二弾 オペラ編

みなさん、おはようございます!週末どのようの過ごされたでしょうか、今日は月曜日だったので新たな1週間の始まりでしたね…前回給料泥棒シリーズとして書きましたドヴォルザーク作曲の交響曲9番新世 …

[フリーランス]興行中止保険

みなさん、こんばんは!今日公立の小中高学校への3月2日から春休みを早めるようにと「要請」が政府から出されましたね…対策としていいと思いますが、働いている両親がいる子供たちはどうするのかなど …

no image

給料泥棒?!たったの14音の交響曲…

みなさん、こんばんは! 先日ツイートしたつぶやきがいいねをたくさんもらえました!(いいねもらえると岸本は喜びます..笑) 個人的意見。ドヴォルザーク9番新世界をリハーサルで2楽章から始めてくれる指揮者 …

チューバ奏者 岸本拓也


          岸本拓也 / Takuya Kishimoto

ドイツの首都ベルリン在住。
日本の音大を卒業後、ドイツの音大で研鑽を積み、現在ジャーマン・フィルムオーケストラ首席テューバ奏者を務めている。

カテゴリー

アーカイブ